『秘密のかけら』 - Where the Truth Lies -

私はただいま布団に入りながらパソコンしてます。
これが出来るのがノートパソコンのいいところなはずなのに、私はこの体勢は初めて。
ちょっと嬉しい。。。
---

それで本題なのですが、とうとう私も『秘密のかけら』を観てきました。
観られないまま終わってしまうのかもと漠然と思っていたのですが、今日ネットで2月10日までしか上映していないというのを知り、突然思い立って行って来ました!

感想は。。。
の前に私は最近思うのですが、コリン・ファースファンと言っておきながら私は、コリン・ファースの出演作品にケチをつけすぎじゃないか。
自分なりに分析してみると、私はどの映画でも『ブリジット・ジョーンズの日記』のマーク・ダーシーを期待して観てしまっているんじゃないかと思うのです。
だから恰好いい役柄以外は受け付けられない。。。

それで映画の感想なのですが、
この映画は、ミステリー小説を読んでいるような感じで、徐々に謎が解けていきます。
サスペンスものは殆ど観ないので、ストーリーの展開がとても新鮮でした。
が、コリン・ファースの役どころはまたしても好きじゃない。(T_T)
でもまぁ、ケヴィン・ベーコンと役が逆じゃなくてよかった。
それはショックが大きすぎるもの。

コリン・ファース的評価 : ☆☆★★★
客観的評価 : ☆☆☆★★
[PR]
by hamasayuta | 2006-02-02 00:16 | DVD・映画
<< BRIDGET JONES&#... BRIDGET JONES&#... >>