"The Last Legion"

 少し前になるのですが、まずは1回目ということで字幕なしで観ました。やっぱり全然理解できませんでした!(T_T) 原作を読んだので内容を思い出しつつ観たのですが、なにせ原作を読んだのもずいぶん前ということであやふやな部分もあり、それに加えて映画の方は原作のストーリーを映画用にするために大分省いてあって、大まかな流れしか理解できませんでした。こういうとき、英語がわからないのが悔やまれます。それでもとりあえず感想など。。。

 この映画、なんといってもコリン・ファースが主役なので、見所満載でした。コリンが戦うシーンがたくさん観られます。しかもコリンは絶対やられないので、最後まで安心してみていられます。(笑) 個人的には女戦士役のミラを演じたアイシュワリヤー・ラーイが役にピッタリだと思いました。この方、インド出身で1994年にミス・ワールドに輝いたとウィキペディアに載ってました。綺麗なはずですね~
 ストーリーは断然原作の方が面白いと思います。原作は本当に長いのですが、あの原作を97分に収めるというのは絶対無理な話しなので、仕方ないのかなと思います。私はどうも原作と比べてしまって、ついつい原作だったらこうだったよなと思ってしまったので、原作を知らないで観たほうが先入観がなくていいのかもと思いました。

 次は字幕ありと思ってますが、きっと理解不能なのでちょっとずつ時間をかけて観たいと思います。


コリン・ファース的評価 : ☆☆☆☆★
客観的評価 : ☆☆☆★★
[PR]
by hamasayuta | 2008-03-10 18:37 | DVD・映画
<< 元気になりたいときは アーネスト式プロポーズ >>