カテゴリ:DVD・映画( 61 )

『シークレット -嵐の夜に-』 - The Thousand Acres -

Amazonのサイトで”コリン・ファース”で検索したときに出てこないので
全然気付かなかったのですが、『シークレット -嵐の夜に-』という映画にも
コリン・ファースが出演していたことを知りました。
いつも利用しているDISCASではレンタルしていなかったのですが、
観たくて観たくてつい購入してしまいました。

届いたのがちょうど休みの日で、早速DVD鑑賞。
最近明るいタッチの映画ばかり観ていた私にとってはとても重い内容でした。

この映画の原作はジェーン・スマイリーの「大農場」なのですが、
シェイクスピアのリア王をベースにした小説とのこと。
ぜひ原作も読んでみたいと思いました。

さて、一番のポイントのコリン・ファースの役ですが、いまひとつです。(T_T)
何を考えているのかわからないような、信用できない男の人という感じの役でした。

この映画を観たとき、コリン・ファースの役どころもわからなかったので、
コリンはいつ出てくるのかなぁと考えつつ観ていました。
コリン・ファースの初映像は後姿だったのですが、
肩の辺りから首の辺りを観てすぐにコリンだとわかってしまいました!
自分で自分に感動したりして。(笑)



コリン・ファース的評価 : ☆☆★★★
客観的評価 : ☆☆☆★★
[PR]
by hamasayuta | 2006-11-28 21:45 | DVD・映画

『ときめきアムステルダム』 - Dutch Girls -

こちらも『トラウマ』と一緒に買ったDVD。
1985年のテレビドラマをDVD化したものなので、20年以上前の作品!
この作品、ただただ若いコリン・ファースを楽しむためのもののような気がします。(笑)
ストーリーは全寮制男子校のホッケーチームがアムステルダムへ遠征するという内容なのですが、チームのメンバーの目的は試合よりもオランダの女の子たち。高校生くらいの男の子が考えることは世界共通なのかもしれないと、微笑ましく観ることができます。
コリン・ファースの役はかなりシャイな性格。観ていてもどかしく感じるくらいなのですが、若いコリンなので、このくらい初々しいほうが嬉しいかも。

遠征の引率で先生が一緒に行くのですが、先生が主役?と思うほどいっぱい出てきます。最初の方では、「先生話しが長すぎ~」と思わず文句を言いたくなります。(^^;)

コリン・ファースの役名はNeil Truelove。
トゥルーラブなんて名前の人、実際にいるのでしょうか。。。?


コリン・ファース的評価 : ☆☆☆☆★
客観的評価 : ☆☆☆★★
[PR]
by hamasayuta | 2006-11-09 08:59 | DVD・映画

『トラウマ』 - Trauma -

日本では未公開の『トラウマ』のDVDを買ってみました。
怪しげなDVDジャケットにちょっと怯んでいたのですが、
考えていたのと全然違っていて内容はスリラーとのこと。
買ったものの怖いのイヤだなぁと思っていたのですが、
コリン・ファースの魅力には勝てなくてついつい観てしまいました。
でも、スリラーというのはホラーとは違いました!思っていたほど怖くなかったです。
1回観ただけでは内容がよく理解できない部分もあったりするのですが、
謎を残しているところがまたいいんだと思います。
映画の印象は『繊細』。
観ていて次に何が起こるかわからない恐怖がありつつも、
映画全体を思ったとき『繊細』という言葉が浮かびました。

コリンの役どころは「素敵!」とはいかないのですが、でもいいのです。
最初、病院で患者の着る服で画面に現れるのですが、
スラリとしたコリンを見られただけで幸せを感じてしまいました。
どんなコリンも受け入れられるように思えるこの頃。
「秘密のかけら」もDVDを買っちゃおうかと検討中です。

この映画のオフィシャルサイトをみつけたのですが、
最初のページを開いてしばらくするとコリンがこちらを見つめて目をパチパチ。 
怖いです。(涙)

コリン・ファース的評価 : ☆☆☆★★
客観的評価 : ☆☆☆★★
[PR]
by hamasayuta | 2006-11-05 21:59 | DVD・映画

『ナニー・マクフィーの魔法のステッキ』 - Nanny McPhee -

これもまたちょっと前になってしまうのですが、レンタルのDVDが出ているのに気付いてやっと『ナニー・マクフィーの魔法のステッキ』を観ることができました。

この映画、大人の私からするとストーリーはいまひとつ盛り上がりに欠けるのですが、
子供達は喜んでいました。子供向けの映画ということなのでしょう。
それでもファンタジー映画なので映像は夢がいっぱい。
なんといってもブラウン家のカラフルな壁の色が印象的でした。
この映画を思い出すときには、まず黄緑の壁を思い出してしまいそうなほど。(笑)

コリン・ファースの役どころは、7人のとてつもないいたずらっ子達のパパ。
時代設定がかなり昔だからか髪型が変ですが、
それもまたポイントなのかと思います。(笑)

コリン・ファース的評価 : ☆☆☆★★
客観的評価 : ☆☆☆★★
[PR]
by hamasayuta | 2006-10-17 11:23 | DVD・映画

Hope Springs

実は前回の投稿のすぐ後、Amazonでコリン・ファースのDVDを検索していたら、
ユーズドでしか買えないものもあるということに気づいてしまいました!
内容と金額を考えて、次は『スプリング・ガーデンの恋人』かなぁとチェックしていたら、
なんと新品では買えない!!
「もっと安くならないかなぁ」なんて考えながら買わないでいると、
そのうち買えなくなっちゃうということなのですねー!!
なくなったらいけないので、とりあえずユーズドの『スプリング・ガーデンの恋人』を
買ってしまいました。

この映画、一度しか観てなくて内容的にはいまひとつと思っていたのですが、
それでもやっぱりコリン・ファースが主人公なので、観ている間は幸せ。
内容はツッコミどころ満載なんですけどね。(笑)
[PR]
by hamasayuta | 2006-09-28 22:20 | DVD・映画

Another Country

1ヶ月くらい前に「アナザー・カントリー」のDVDを購入しました。
買ったもののなかなか観よう!という気分にならなくてずっと観ていなかったのですが、昨日やっと観ました。
イギリスでは1983年に公開されたこの映画、もう23年前の作品。
でも舞台がイギリスだからか映画自体は古さを感じないのが不思議。
もちろん、コリン・ファースもルパート・エヴェレットもすごく若いので、そこからは時代を感じるんですけどね。

この映画を観るのは2度目なのですが、久しぶりの若いコリン・ファースに最初はドキドキ。何であんなに格好いいのでしょう。。。
ずっとコリン・ファースに目を奪われっぱなしでした。(笑)

英語の勉強をしているせいか、前よりセリフが耳に入ってくるようになりました。
でも、コリン・ファースは頭が良くて共産主義者という役柄のせいなのか、すごく早口でとてもセリフを聞き取ることが出来ませんでした。残念。

私のコリン・ファースコレクションも大分増えてきたのですが、さて次は何を買おうかな。

・ブリジット・ジョーンズの日記
・ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうな私の12ヶ月
・高慢と偏見
・恋の掟
・ひと月の夏
・ロイヤル・セブンティーン
・ラブ・アクチュアリー
・真珠の耳飾りの少女
・アナザー・カントリー
[PR]
by hamasayuta | 2006-08-26 05:28 | DVD・映画

『プライドと偏見』

映画館で上映されているときから観たかったのですが、機会がなくてレンタルを待っていた『プライドと偏見』。
すっかり忘れていたのですがキーラ・ナイトレイの他の出演作品を勧められてふと思い出し、さっそく借りてみました。
コリン・ファースの『高慢と偏見』を観た私としては、映画を観ながらもついついドラマのシーンが思い出されてしまい、最初のうちは「ここで本当はコリン・ファースが出てくるのに。。。」などと考えてしまいましたが、中盤からはそれもなくなりキーラ・ナイトレイのエリザベスとマシュー・マクファディンのダーシーを素直に受け入れられました。

映画では2時間前後で物語を終わらせなければいけないので、細かい描写が大分省略されていました。もし『高慢と偏見』を知らない人がこの『プライドと偏見』を観た場合、内容がちゃんと理解できるのかしら?とちょっと心配になりました。
やっぱり私にとっての『Pride and Prejudice』はコリン・ファースの『高慢と偏見』だなぁと再認識。
この映画を観たお陰で、『高慢と偏見』をまた観たくなりました。
[PR]
by hamasayuta | 2006-07-12 16:54 | DVD・映画

Girl with a Pearl Earring

ちょっとだけと思い観はじめたら、惹き込まれてしまって一気に全部観てしまいました。
早く寝ないとと思っていたのに。。。

この映画、確かに愛の物語でした。
一度観たはずなのに、そのあたりのことは忘れていた私。
どんな映画を観ても、どんな本を読んでも、さらっと流してしまうせいか
大まかな筋とか雰囲気とか、そういうのしか頭に残っていなかったりするのです。

一回目に観たときに、精肉店の息子のピーターがコールド・マウンテンの
あの怖い男の人に似ているなぁと思っていたら、やっぱり同じ人だったみたい。
うー、怖い。
あの役柄、本当に怖かった。(T_T)
[PR]
by hamasayuta | 2006-06-22 00:35 | DVD・映画

『真珠の耳飾りの少女』

Amazonから500円分のギフト券が届いたので、さっそくDVDを購入!
何を買おうか考えて、ずっと欲しいと思っていた『真珠の耳飾りの少女』にしました。

先ほど届いたばかりなのですが、DVDジャケット裏面を見ていたらフェルメールの奥さんの顔がのっぺりしていて怖い~(T_T)

そして、映画のサブタイトルとして
「寡黙の天才画家フェルメールの一枚の名画に秘められた至高の愛の物語。」
とありました。
これって愛の物語だったのね!?
うーん。愛だったとは。

久しぶりに観るのがとても楽しみです。
[PR]
by hamasayuta | 2006-06-20 14:29 | DVD・映画

更に

Amazonで何か購入するとき、ついついコリン・ファースの出演しているDVDも一緒に頼んでしまいます。
今回頼んだのは『ラブ・アクチュアリー』と『恋に落ちたシェイクスピア』の2本。
やっぱり両方とも2000円以下になっていたもの。
どうしても欲しいのは『真珠の耳飾りの少女』なのですが、これは安くなりそうにないのですよねー うーむ。
最近散財気味なので、少し間隔を空けて注文しようと思います。

購入した2本はまだ観ていないのですが、『ラブ・アクチュアリー』の方は先月だったかレンタルのDVDで観なおしたばかりで、やっぱりこのコリン・ファースも素敵♪と思い、買うことにしたのでした。
『恋に落ちたシェイクスピア』のコリン・ファースは好きじゃないですが、でもこれもコリン・ファースなのでもう一度じっくり見直して、悪役コリンを楽しみたいと思います。
[PR]
by hamasayuta | 2006-05-15 14:29 | DVD・映画