<   2006年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

好きな表情Best5

実は「ときめきアムステルダム」も「トラウマ」も観てしまい、感想を載せたいと思ってはいるのですが、Blogを開くたびにコリン・ファースの画像が出てくるのが嬉しくて、新しくエントリーする気になれなかったりしてます。(^^;)
でも、好きな表情ならまたコリン・ファース画像なので、張り切って選んでみました!
選んでみたら結構好きなシーンとかぶっていました。。。
でもコリン・ファースの表情を楽しむ編ということでいってみます♪


e0092313_2154885.jpgBest1はこれにします!「好きなシーン」とかぶってしまうのですが、一緒に料理するシーンの最後でブリジットと見つめあう表情。ものすごく優しい笑顔で、胸がキュンとしてしまいます。

e0092313_215321100.jpg2番目はマークがブリジットに"Happy birthday."と言うところ。とてもやさしい表情でうっとり。

e0092313_21535686.jpg3番目はラストシーンでブリジットが一生懸命弁解した後の表情。必死に訴えるブリジットを優しく見つめるマーク。包み込むような愛を感じちゃいます。

e0092313_21534548.jpgこちらは出版記念パーティーでの表情。「好きなシーン」の3位と一緒の場面です。いたずらっ子のような表情をするのですが、これがまた私にはツボです。

e0092313_21533454.jpg5番目はバースデーパーティーでみんなで乾杯した後のブリジットを見つめるマークの表情。本当に、言葉なんていらない!

[PR]
by hamasayuta | 2006-10-30 22:10 | 好きなシーン&表情

好きなシーンBest5

最近、小説の『ブリジット・ジョーンズの日記』を読んだり、DVDを観返したりしていたので、再びコリン・ファース熱が高まっているところ。
meganeさんがエントリーしていた、『ブリジット・ジョーンズの日記』での好きなシーン『勝手にBEST5』を真似して、私も 『好きなシーンBest5』をあげてみることにしました。
昨日DVDを観ながら好きなシーンをキャプチャしてたのですが、この画像をblogに載せたらまずいかなぁと考えつつ、せめてもとちっちゃくして載せちゃいます。ごめんなさい。

e0092313_2224976.jpg私のBest1は何と言ってもこの料理のシーン。二人がすごくいい雰囲気で、ただただ羨ましかったりします。(笑)

e0092313_2231431.jpg2番目はやっぱりこのシーン。マークがキスしようとするところを、ブリジットがするりとすり抜けちゃうのですが、その後のマークの顔がたまらないのです。私はこのシーンを見てコリン・ファースが好きになったんじゃないかと思います。

e0092313_2232925.jpg意外なところで3番目に好きなシーンは「出版記念パーティー」でマークがナターシャにブリジットを紹介するところ。

e0092313_2234613.jpgやっぱり最後のシーンははずせないですね~
私もマークのコートに包まれたーい♥

e0092313_223581.jpg"just as you are"もはずせないですねー。
と、はずせないところだらけ。(笑) 裁判のときの売店でのシーンとでどっちにしようか迷いました。

[PR]
by hamasayuta | 2006-10-27 22:33 | 好きなシーン&表情

衝動買い

再びDVDの衝動買い。
今回は観たことのない「トラウマ」と「ときめきアムステルダム」。
レンタルになっていないあたり、きっと内容はいまひとつなんだろうという予想なのですが、それに加えて「トラウマ」のほうはDVDジャケットがアヤシイなぁとずっと思っていたのでした。
でもどこかのレビューを読んでまぁまぁらしいと判断。
思い切って注文してしまいました。
そして昨日届いたのですが、「トラウマ」のDVDジャケットを観ていたらスリラー(!)と書かれてました!!怖い映画は嫌いでまず観ないのに。(涙)

せっかく買ったので観ようと思ってますが、いつになることやら。。。
[PR]
by hamasayuta | 2006-10-25 09:39 | コリン・ファース

『ナニー・マクフィーの魔法のステッキ』 - Nanny McPhee -

これもまたちょっと前になってしまうのですが、レンタルのDVDが出ているのに気付いてやっと『ナニー・マクフィーの魔法のステッキ』を観ることができました。

この映画、大人の私からするとストーリーはいまひとつ盛り上がりに欠けるのですが、
子供達は喜んでいました。子供向けの映画ということなのでしょう。
それでもファンタジー映画なので映像は夢がいっぱい。
なんといってもブラウン家のカラフルな壁の色が印象的でした。
この映画を思い出すときには、まず黄緑の壁を思い出してしまいそうなほど。(笑)

コリン・ファースの役どころは、7人のとてつもないいたずらっ子達のパパ。
時代設定がかなり昔だからか髪型が変ですが、
それもまたポイントなのかと思います。(笑)

コリン・ファース的評価 : ☆☆☆★★
客観的評価 : ☆☆☆★★
[PR]
by hamasayuta | 2006-10-17 11:23 | DVD・映画