<   2006年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

『シークレット -嵐の夜に-』 - The Thousand Acres -

Amazonのサイトで”コリン・ファース”で検索したときに出てこないので
全然気付かなかったのですが、『シークレット -嵐の夜に-』という映画にも
コリン・ファースが出演していたことを知りました。
いつも利用しているDISCASではレンタルしていなかったのですが、
観たくて観たくてつい購入してしまいました。

届いたのがちょうど休みの日で、早速DVD鑑賞。
最近明るいタッチの映画ばかり観ていた私にとってはとても重い内容でした。

この映画の原作はジェーン・スマイリーの「大農場」なのですが、
シェイクスピアのリア王をベースにした小説とのこと。
ぜひ原作も読んでみたいと思いました。

さて、一番のポイントのコリン・ファースの役ですが、いまひとつです。(T_T)
何を考えているのかわからないような、信用できない男の人という感じの役でした。

この映画を観たとき、コリン・ファースの役どころもわからなかったので、
コリンはいつ出てくるのかなぁと考えつつ観ていました。
コリン・ファースの初映像は後姿だったのですが、
肩の辺りから首の辺りを観てすぐにコリンだとわかってしまいました!
自分で自分に感動したりして。(笑)



コリン・ファース的評価 : ☆☆★★★
客観的評価 : ☆☆☆★★
[PR]
by hamasayuta | 2006-11-28 21:45 | DVD・映画

好きなシーンBest5 What a Girl Wants

少し前に「ロイヤル・セブンティーン」のDVDを見直したので、この映画の好きなシーンを選んでみました。
コリン・ファースは主役じゃないけど、やっぱりコリン・ファースが出ているシーンだけ。(笑)

e0092313_17202084.jpgBest1は絶対このシーン。
初めて見たときはビックリしちゃいました。
ここまで大胆にやるからこそインパクト大なんでしょうね。

e0092313_17203527.jpg2番目はダフネを迎えに来たイアンとのシーン。
すっかり父の顔なのがおかしくて好き。

e0092313_17204897.jpg3番目は川沿いの屋台(?)がたくさん並んでいるところでのシーン。
二人が楽しそうで羨ましい。

e0092313_1721030.jpg4番目はブランコのシーン。
シチュエーションがとても好き。
裸足の二人とかブランコとか周りの子供たちとか。

e0092313_1721145.jpg5番目は演説のシーンにしてみました。
「ラブ・アクチュアリー」のヒュー・グラントのときも思ったけど、政治家の演説シーンって格好いいなぁと憧れちゃう私。


DVDの特典でときどき監督の音声解説つきで映画を見られたりするけど、一度も見たことがありませんでした。今回初めてアマンダ・バインドの音声解説付きでこの映画を観たら、裏話しが色々あってとても面白かったです♪
[PR]
by hamasayuta | 2006-11-22 17:47 | 好きなシーン&表情

Movie Star

ずっと前に買ったMovie Starに、『ブリジット・ジョーンズの日記2』の表紙のバックナンバーがあったのを思い出して注文してみました。せっかくなのでその号(VOL.122)ともうひとつ後の号(VOL.123)との2冊。
もちろん両方コリン・ファースが載ってます。
BJD2の公開時にはコリン・ファースが来日したそうなのですが、何でその頃ファンじゃなかったのかしら。。。とそればかり悔やまれます。今なら絶対会いに行きそうな勢いの私。(^^;)

VOL.123の記事にはコリン・ファースの生い立ちから今までの経歴が載っていて、知らなかったこともいっぱいでした。
両親は大学の先生とか、子供の頃はTVを見ることは禁じられていたので読書に没頭したとか、友達とバンドをしながらも常に成績優秀だったとかとかとか。。。
今まで知らなかったコリン・ファースのことが色々書かれていて、買ってよかった!と素直に思ってしまいました。(笑)

コリン・ファースは三人兄弟なのですが、私は兄弟は弟とお姉さんだとばかり思っていました。でも本当は妹なんだそうです。なんで姉と勘違いしていたのか?私はどこかのサイトでsisterというのを見て姉だと思ってしまったんですね。(^^;)

男の子3人のパパというのも素敵。あんな格好いいお父さんがいたらいいだろうなぁ。
[PR]
by hamasayuta | 2006-11-16 19:52 | コリン・ファース

『ときめきアムステルダム』 - Dutch Girls -

こちらも『トラウマ』と一緒に買ったDVD。
1985年のテレビドラマをDVD化したものなので、20年以上前の作品!
この作品、ただただ若いコリン・ファースを楽しむためのもののような気がします。(笑)
ストーリーは全寮制男子校のホッケーチームがアムステルダムへ遠征するという内容なのですが、チームのメンバーの目的は試合よりもオランダの女の子たち。高校生くらいの男の子が考えることは世界共通なのかもしれないと、微笑ましく観ることができます。
コリン・ファースの役はかなりシャイな性格。観ていてもどかしく感じるくらいなのですが、若いコリンなので、このくらい初々しいほうが嬉しいかも。

遠征の引率で先生が一緒に行くのですが、先生が主役?と思うほどいっぱい出てきます。最初の方では、「先生話しが長すぎ~」と思わず文句を言いたくなります。(^^;)

コリン・ファースの役名はNeil Truelove。
トゥルーラブなんて名前の人、実際にいるのでしょうか。。。?


コリン・ファース的評価 : ☆☆☆☆★
客観的評価 : ☆☆☆★★
[PR]
by hamasayuta | 2006-11-09 08:59 | DVD・映画

『トラウマ』 - Trauma -

日本では未公開の『トラウマ』のDVDを買ってみました。
怪しげなDVDジャケットにちょっと怯んでいたのですが、
考えていたのと全然違っていて内容はスリラーとのこと。
買ったものの怖いのイヤだなぁと思っていたのですが、
コリン・ファースの魅力には勝てなくてついつい観てしまいました。
でも、スリラーというのはホラーとは違いました!思っていたほど怖くなかったです。
1回観ただけでは内容がよく理解できない部分もあったりするのですが、
謎を残しているところがまたいいんだと思います。
映画の印象は『繊細』。
観ていて次に何が起こるかわからない恐怖がありつつも、
映画全体を思ったとき『繊細』という言葉が浮かびました。

コリンの役どころは「素敵!」とはいかないのですが、でもいいのです。
最初、病院で患者の着る服で画面に現れるのですが、
スラリとしたコリンを見られただけで幸せを感じてしまいました。
どんなコリンも受け入れられるように思えるこの頃。
「秘密のかけら」もDVDを買っちゃおうかと検討中です。

この映画のオフィシャルサイトをみつけたのですが、
最初のページを開いてしばらくするとコリンがこちらを見つめて目をパチパチ。 
怖いです。(涙)

コリン・ファース的評価 : ☆☆☆★★
客観的評価 : ☆☆☆★★
[PR]
by hamasayuta | 2006-11-05 21:59 | DVD・映画

好きなシーンBest5 :The Edge of Reason

コリン・ファース一色になっている今日この頃。DVDを観るとき、イヤホンで音声を聞くとマークがそばで話しているような錯覚に陥ります。(笑)
「きれそうなわたしの12ヶ月」の方も好きなシーンを選んでみました。
でも、Best5とかきつつシーンでいったら3つになってしまいました。1と2と3のシーンがとにかく好きで、何度も戻しては観てしまいます。観ているだけで幸せになれるシーン。

e0092313_22442963.jpgBest1はブリジットが携帯メールで"I miss you already"とうつのに対して、マークが"I miss you too."というところ。ついついにやけてしまうシーン。

e0092313_22443734.jpgキスの後の離れがたい気持ちが伝わってきて、「あー、いいなぁ」と思ってしまうのです。

e0092313_22444525.jpg「きれそうなわたしの12ヶ月」ではたくさんキスシーンがあるけど、このキスシーンが一番素敵。観るたびにため息が出ちゃいます。

e0092313_22445456.jpgブリジットの髪の毛についた葉っぱを優しく取ってあげるマーク。この動作にもブリジットへの愛を感じちゃうのです。

e0092313_2245364.jpgへなちょこな喧嘩のシーンが笑えるので大好き。この後噴水の池に頭から落ちるのですが、観るたびに冷や冷や。
[PR]
by hamasayuta | 2006-11-02 23:00 | 好きなシーン&表情